• 2020.11.16
  • バスケットボール

東京都新人戦2回戦

先週に続き、新人戦2回戦です。
今週の試合は普通の試合ではありません。
なぜなら、コートのレベルがケタ違いだからです。

開場は「武蔵野の森総合スポーツプラザ」
味の素スタジアムのお隣です。

 

本来なら決勝戦など、特別な試合でしか使えない場所です。
コロナの影響のためか、くじ運次第で2回戦でも使わせて貰えることになりました。

プロチームがアップをしているように見えます。

※都大会の2回戦です。
ただ立っているだけなのに強豪チームのような風格を感じます。

※都大会の2回戦のチームです。

試合前半はシュートを打つもののなかなか決まらず、リードされる苦しい展開。
一時は15点差をつけられ、第2ピリオド終わった段階で31対44。

しかしそのまま終わらないのが玉聖の良いところ。
徐々に自分たちのバスケを展開していきます。

プロリーグの中継のような3Pシュート

※都大会の2回戦です。

何気ないフリースローも、とてもカッコよく見えます。

※2回戦です。

後半に自分たちのペースを取り戻し、シュートも立て続けに決まり、一気に追い上げました。
第3ピリオド終了時、53対53と同点です。

第4ピリオドは互いに取りつ取られつの緊迫する展開でした。
それでも部長によるゴール下での無双ドライブなどで、最終的には75対70で競り勝ちました。

無双ドライブからのレイアップ。スカウトが来そうです。

※2回戦にスカウトは(たぶん)いません。

どうにか勝つことはできましたが、多くの課題が浮き彫りになった試合でもありました。
もう一度気を引き締め、次回の3回戦も全力を出し切れるよう準備していきます。

部活別に見る

月別に見る