トピックス

  • 2018.10.11

2019年3月ミャンマー研修のお知らせ

2019年の春休みは、玉川聖学院理事長バートン先生とともに、発展著しいミャンマーを訪ねてみませんか。玉川聖学院は国際理解教育の一つである、「ミャンマーふれあいの旅」を実施して6年目になります。ミャンマー神の教会とのパイプを生かして、現地の人々との交流を含む「ふれあいの旅」は参加者に大きな感動と考える学びの時となっています。
今回は、新コースとしてヤンゴンに次ぐ第2の都市マンダレーを初訪問します。イギリスにより併合されるまで、ビルマで独立を保った最後の王朝(コンバウン王朝)の首都でした。そこでは環境問題をテーマにした交流プログラムなども実施予定です。
ぜひこの機会に貴重な体験となるふれあいの旅に参加してみませんか。旅行費用は、187,000円(燃油サーチャージを除く)です。
参加を希望する卒業生は、以下の募集概要をよく読んで申し込んで下さい。

案内文(pdf)

行程表(pdf)

月別に見る