心を磨く

  • 2013.07.30

恋愛はゆっくりしてほしい

女子がこころとからだを大切にするってことは、
自分の尊厳にプライドを持つための、大切な核です。 

世の中では、
早い時期にお付き合いを始めて、いろんな経験をいろんな人としていくことが、
男女の違いやコミュニケーションのあり方をタフに学ぶためによいことだ、
と教えている気がしますが、私はそうは思いません。

経験を積むためだけに、
あるいはなんとなく相手を確保するためだけに、恋愛的な関係を持つのは、
ほんとうに恋愛を学んでいることになるのかしら。

たとえば、
そういう経験を重ねてきた相手が、
「こういうタイプの扱いは知ってる」という態度で自分に接するとしたら、
そんな相手を好きでいつづけられるのかしら。

情報があふれる現代は、
たくさんの情報を消化することが生き残る道であるかのように言うけれど、
人と人との関係においては、
特に男性と女性の関係においては、
たくさんの情報を持っていないから、
素直に向き合える、真剣に相手のことばを聞こうとする、
ことができるのではないかと思います。

大切な関係は、ゆっくり選んで、ゆっくり育てた方がいい。
待つ価値、待たせる価値が、あなたにはあります。
急ぐな、女子!
たとえ周りがみんなであなたをせかしても。